2010年04月26日

ハローワーク地方移管に反対=出先機関見直しで−連合(時事通信)

 政府は23日、地域主権改革の柱の一つである国の出先機関見直しをめぐり、連合と意見交換した。連合は、憲法27条に規定する勤労権は国が保証すべきだとして、ハローワークを地方移管することに反対する考えを示した。
 全国知事会は、職業紹介事業が国と地方の二重行政になっているとして、ハローワークの地方移管を求めており、今後焦点となりそうだ。 

【関連ニュース】
出先事務移管、一部先行実施も=地域主権で知事会からヒアリング
大幅修正なら総選挙を=参院選民主マニフェストで
地域主権3法案、審議入り=国による義務付け見直し
外国人参政権、慎重検討論相次ぐ=意見集約は見送り
失業率、横ばいの4.9%=求人倍率は2カ月連続改善-2月

わいせつ容疑の男に起訴相当=検察審が議決、本人は帰国−大阪(時事通信)
<ボルネオ>「恋のヤリ」突き刺すナメクジなど発見…WWF(毎日新聞)
<酒気帯び運転>病院職員の懲戒免を停職3月に変更 三重県(毎日新聞)
毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める(産経新聞)
「子ども手当」減額 財務委員長が言及(産経新聞)
posted by ミノシマ テルオ at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。